私立中学に進学するメリット:進学に有利

小学校から中学に進学する時に考える事の一つとして、中学受験をしようかどうかという事です。
本当なら、義務教育は国公立にして、初めて高校になって受験をするスタイルで構わないと思うのですが、私立の中学受験をしたならば、中学・高校と一貫教育、或いは大学までが一貫になっている場合が多いため、後から経験しなければならない受験を、この時一回で済ませてしまえるのは、魅力的です。
私立の場合は、その学校のレベルが決まっているわけですし、それで受験をして合格した人のみがそこに在籍し、レベルの合った人達が集っているというわけですから、世間からも、学校のレベルを知った上での信用度が得られます。 そしてその中で学校のレベルの成績さえ保っていれば、大学まで進学するのに有利です。 その上、気分的にストレスもなく、楽しく学生生活を送れる事でしょう。
確かに中学受験をするならば、小4くらいから意識し始め、5年生になったら受験のための勉強に取り掛かれるくらいの準備は必要です。 何れにしてもどこかで受験をするのです。 それが小6なのか中3なのかです。 そして大学に進学を希望ならば高3もそうです。 中2から・高2から受験対策は欠かせません。
学生の本分は勉学に励む事なので、勉強するのは当り前のことですが、その時期にしか出来ない事を学んだり、体験したりするのも欠かせない勉強です。
私立中学に入れば、後は受験を気にする事もありませんから、時間の使い方を考えて色々な分野の勉強をする事が可能になります。